スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
とりあえず。。。
もう1ヶ月経っちゃった…。
本当に時が経つって早いです。
以下、とっても長いです。



年末~年始に宇宙の具合がいきなり悪くなって(年賀状には「元気です」って書いたけど、)。
お腹に腫瘍が出来たかも、って検査して。
腫瘍が今のところは悪い状態ではないって言われて。
呼吸がおかしいと思ったら胸水溜まってて。しかも体はばい菌だらけで抗生剤の点滴も。入院も。
胸水、ほとんど毎日抜きに行くようになって。
だんだん良くなってきて病院も通う日数が少なくなってきて。
でも、ご飯は全然食べなくて、流動食と高栄養ミルクで。

少しずつだけど、具合も良くなってきて、自発的ではないけれど、食べる量も多くなってきて。
「良くなってきたなぁ」と思ってた矢先、3月11日の大震災。
本震のとき、たまたま家に帰ってきてすぐで、緊急地震速報が流れてすぐ宇宙にかぶさって。
「人間は怪我しても何とかなるけど、犬は絶対に後回しにされる。特にこの状態なら見捨てられるかもしれない」
と思った。悲しいけれど、今の日本はそうでしょう?
幸い、うちの地域は道路の隆起や建物の破損はあったものの、ほかの地域に比べたら被害は軽いものでした。
家の中はぐちゃぐちゃでしたが、怪我人もなく無事でした。
まさか、自分が生きているときにあんな大災害が起きるなんて想像もしてなかった。
次にまさかの事態が起きてしまったけど。福島に住んでる限り、地震がおきたら家族の安否の次に心配する事態が起きてしまったけど。
原発が爆発したときには頭が真っ白になった。
90kmは離れているところに住んでいるけれど、もし万が一避難することになったら宇宙は大丈夫だろうか、そんなこと考えたらすっごく不安になった。
もう自分では歩けない状態だったから、避難になったら置いていってください、と言われるかもしれない。
今考えると、距離的にも安全だし、車で避難するんだから安心なのに。
そんな不安が宇宙にうつってしまったのかもしれない。そう思うと、悔やんでも悔やみきれない。
不安で不安で。不安の底が見えなかった。
「アナタは悪くない」と言われたって、頭では理解しようとしても、不安になったことで宇宙を不安にさせたんじゃないかって、たぶん死ぬまで悔やむんだろうなぁ。

地震のあと、宇宙はどんどん悪くなっていって。
無くなる2日前からは、一日中、本当に声が枯れるまで泣き叫んでいました。
3月14日の夜、ようやく落ち着いて眠りました。安心して私も寝ちゃって。
15日の明け方5時頃、なんとなく胸騒ぎがして目が覚めた。でも、その前からずっと寝てなくてどうしても布団から出れなかった。
先代ハス・ララのときも3日くらい寝てなくてやっと眠れた日の夜になくなったんだから。わかってたんだから起きればよかったんだ。
15日の朝6時、宇宙は呼吸をしていませんでした。
でもまだ温かくて、眠ってるみたいでした。
そういえば、前の晩はいつも言っていた
「おやすみ。また明日ね」
を言い忘れていた。なんで言わなかったんだろう。

次の日、ペット霊園に連れて行ったけれど、地震による燃料不足で火葬はまだ先に。冷凍保存することに。
20日、やっと火葬。寒かったけど、よく頑張ったね。



コレが約3ヶ月、宇宙が頑張ったオハナシ。


宇宙が亡くなってから地震や原発は相変わらず安定しないけれど、不安が一切無くなった。
宇宙が全て持っていってくれたのでしょうか。
これだけ一気に不安がなくなると、宇宙は私の全てだったって、心底思う。


最後の最後まで、本当にありがとう。

ねぇちゃんはもう大丈夫だよ。
これから先、出身地のことで苦しむこともあるかもしれない。
何年も何年も地震に振り回されるかもしれない。
別のことで悩むこともあるかもしれない。
でも、ねぇちゃんは大丈夫だよ。
宇宙があれだけ頑張る姿を見せてくれたんだから。
宇宙の苦しみに比べたらどんなことでも軽く思えるよ。
安心して見守っていてね。
いつかねぇちゃんもそっちにいくけど、そのときはちゃんとララと一緒に迎えにいくから。
姿が変わっていてわからないかもしれないけどね。
宇宙がわからなかったら、ねぇちゃんがちゃんと探し出すから平気だよ。



ありがとう。
またね。
宇宙。
スポンサーサイト

テーマ:シベリアンハスキー - ジャンル:ペット

【2011/04/17 19:08】 | 宇宙な毎日 | トラックバック(2) | コメント(4) | page top↑
ご報告
2011年3月15日午前6時頃
宇宙が虹の橋を渡りました。

もう少しで7歳。
宇宙を愛してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

詳しい状況等はまた後ほどご報告します。


本当にありがとうございました。
【2011/03/15 06:00】 | 宇宙な毎日 | トラックバック(2) | コメント(16) | page top↑
熱くないのか?
☆今の季節の南東北は、日中は暖かくても朝晩はまだ冷えます。

☆なので、ストーブは必需品。

☆ストーブは火を使っているので優しい暖かさですが、5分も前に立っていると火傷しそうなくらいに熱くなります。




ある日の朝の彼の寝姿。
(続きからご覧ください。)
続きが気になる?

テーマ:シベリアンハスキー - ジャンル:ペット

【2009/03/19 00:30】 | 宇宙な毎日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
楽羅の誕生日
今日、3月10日は先代ハス・楽羅ちゃんの誕生日です。

lala

ケーキ屋さんから(人間用だけど)ケーキを楽羅と薙くんの分、二つ購入。
お供えしました。
虹の橋で喜んでくれてるといいなぁ。



宇宙の経過報告は追記にて…。

続きが気になる?

テーマ:シベリアンハスキー - ジャンル:ペット

【2009/03/10 23:50】 | 宇宙な毎日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
しっぽの手術。
shippo

去年の5月からのしっぽのおでき。
ここ数ヶ月は1~2週間に一回のペースで病院に通っていました。
お薬も色々変えて、患部も消毒したりして様子を見てきましたが、一進一退。

最近、ようやく腫れもひいてきて1週間前からお薬が弱くなりました。
ところが昨日辺りから、なんだか患部が熱い。おできの上に新しい出来物が??

熱もってるし、赤くなってきてるし、心配なので今日の夕方に病院へ。


先生も
「これくらいなら普通はすぐに良くなるはずなんだけどなぁ…」
と首を傾げ。
腫瘍というわけじゃなくて、ニキビに近いものだから消毒をして薬で治るはずのこのおでき。
悪いものじゃないとわかっていてもなんだか心配。


「あまりに治らないから、手術しますか?」
と聞かれ、このままじゃ宇宙も大変だし、これ以上悪くして尻尾ごと切断とか命に関わるまでになってしまったらイヤだから、お願いすることに。
「じゃぁ、手術の日程決めましょうね。」
と。

待合室で先生を待っていたら、女先生が
(ご夫婦で獣医師をなさっています。診察のほとんどを男先生が、手術を女先生が担当されてるようです)
「よろしければ、今日すぐに手術しちゃいますか?」
と。

どうせ手術することに変わりはないんだから、すぐにでも不快なものは取ってもらいたい。
それにたった数日でも、気温のこととかも考えると少しでも早いほうがいいなー、と思って。
で、今日手術してきました。



全身麻酔してもらって、宇宙は朦朧。手術台に運ばれる時点でダラ~ンとしてました。
待合室で、病院のバーニーズと遊んで約30分?1時間??なんだか時間はわからなかったです。

「手術終わりました。処置したところ、見ますか?」
と、先生。
思っていたより、手術痕は深くて大きい。骨が見えるほど。
こんなになるまで放っておいてごめんね。
肉をえぐる形なので、縫合はできないそうです。やろうと思えばできるけれど、皮膚の負担やその後のことを考えると、自然に盛り上がってくるのを待つしかないみたいです。


それから、また待合室へ。
待合室に行って数分、先生が宇宙を抱えて診察室の方へ。
床に寝かされて、…あれ?起きない??
先生が
「宇宙~宇宙~、起きなよ~」
と声をかけている。ブラッシングして刺激したり体を揺すったり。
今考えると、全身麻酔なんてそんなすぐに解けるものじゃないから、なかなか起きないなんて当たり前のことなんだけど、そのときはすごく不安でした。もう2度と起きないんじゃないか、って。
手足の指先だけが熱くて、ほかのところは血の気が引いて。宇宙の姿だけしか見えなくて、頭は混乱してるのに顔はなんだか笑ってて。「あぁ、自分まずいなー」と。
『頭が真っ白になる』ってこういう状態なんだー、と思いました。

あまりに起きないので、母と伯母(+病院のバーニーズ)と診察室へ。
「宇宙~、帰るよ~」
「起きるんだよ~」
「車に乗るよ~」
と声をかけてみる。暫くすると、うつろな目でこっちを見ました。
目を覚ましたから、頭は起すんだけどぼーっとしているようでまたコテン、と寝ちゃう。
それを何回か繰り返し、立ち上がったけれど、まだ足元がフラフラ。



待合室に移動して、先生から説明を受ける。
5日間は包帯の交換はせずにそのまま。
5日~1週間の間に一度、膿んでないかどうかの経過を見るのに病院に来ること。
麻酔が効いてるから、吐くかもしれない。
散歩は当日だけおしっこ程度にとどめて、あとは普通どおり。
ご飯とお水は、少しずつ。

帰りの車のなかで少し吐いちゃったけど、今はもう普通どおりです。
(エリザベスカラーが邪魔そうだけど。)


ご心配おかけした皆さん、ありがとうございました。





P1020737.jpg
ゆっくりでいいから、きれいに治ってね。
また元気に尻尾振ってね。

テーマ:シベリアンハスキー - ジャンル:ペット

【2009/01/21 00:51】 | 宇宙な毎日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。