スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
しっぽの手術。
shippo

去年の5月からのしっぽのおでき。
ここ数ヶ月は1~2週間に一回のペースで病院に通っていました。
お薬も色々変えて、患部も消毒したりして様子を見てきましたが、一進一退。

最近、ようやく腫れもひいてきて1週間前からお薬が弱くなりました。
ところが昨日辺りから、なんだか患部が熱い。おできの上に新しい出来物が??

熱もってるし、赤くなってきてるし、心配なので今日の夕方に病院へ。


先生も
「これくらいなら普通はすぐに良くなるはずなんだけどなぁ…」
と首を傾げ。
腫瘍というわけじゃなくて、ニキビに近いものだから消毒をして薬で治るはずのこのおでき。
悪いものじゃないとわかっていてもなんだか心配。


「あまりに治らないから、手術しますか?」
と聞かれ、このままじゃ宇宙も大変だし、これ以上悪くして尻尾ごと切断とか命に関わるまでになってしまったらイヤだから、お願いすることに。
「じゃぁ、手術の日程決めましょうね。」
と。

待合室で先生を待っていたら、女先生が
(ご夫婦で獣医師をなさっています。診察のほとんどを男先生が、手術を女先生が担当されてるようです)
「よろしければ、今日すぐに手術しちゃいますか?」
と。

どうせ手術することに変わりはないんだから、すぐにでも不快なものは取ってもらいたい。
それにたった数日でも、気温のこととかも考えると少しでも早いほうがいいなー、と思って。
で、今日手術してきました。



全身麻酔してもらって、宇宙は朦朧。手術台に運ばれる時点でダラ~ンとしてました。
待合室で、病院のバーニーズと遊んで約30分?1時間??なんだか時間はわからなかったです。

「手術終わりました。処置したところ、見ますか?」
と、先生。
思っていたより、手術痕は深くて大きい。骨が見えるほど。
こんなになるまで放っておいてごめんね。
肉をえぐる形なので、縫合はできないそうです。やろうと思えばできるけれど、皮膚の負担やその後のことを考えると、自然に盛り上がってくるのを待つしかないみたいです。


それから、また待合室へ。
待合室に行って数分、先生が宇宙を抱えて診察室の方へ。
床に寝かされて、…あれ?起きない??
先生が
「宇宙~宇宙~、起きなよ~」
と声をかけている。ブラッシングして刺激したり体を揺すったり。
今考えると、全身麻酔なんてそんなすぐに解けるものじゃないから、なかなか起きないなんて当たり前のことなんだけど、そのときはすごく不安でした。もう2度と起きないんじゃないか、って。
手足の指先だけが熱くて、ほかのところは血の気が引いて。宇宙の姿だけしか見えなくて、頭は混乱してるのに顔はなんだか笑ってて。「あぁ、自分まずいなー」と。
『頭が真っ白になる』ってこういう状態なんだー、と思いました。

あまりに起きないので、母と伯母(+病院のバーニーズ)と診察室へ。
「宇宙~、帰るよ~」
「起きるんだよ~」
「車に乗るよ~」
と声をかけてみる。暫くすると、うつろな目でこっちを見ました。
目を覚ましたから、頭は起すんだけどぼーっとしているようでまたコテン、と寝ちゃう。
それを何回か繰り返し、立ち上がったけれど、まだ足元がフラフラ。



待合室に移動して、先生から説明を受ける。
5日間は包帯の交換はせずにそのまま。
5日~1週間の間に一度、膿んでないかどうかの経過を見るのに病院に来ること。
麻酔が効いてるから、吐くかもしれない。
散歩は当日だけおしっこ程度にとどめて、あとは普通どおり。
ご飯とお水は、少しずつ。

帰りの車のなかで少し吐いちゃったけど、今はもう普通どおりです。
(エリザベスカラーが邪魔そうだけど。)


ご心配おかけした皆さん、ありがとうございました。





P1020737.jpg
ゆっくりでいいから、きれいに治ってね。
また元気に尻尾振ってね。
スポンサーサイト

テーマ:シベリアンハスキー - ジャンル:ペット

【2009/01/21 00:51】 | 宇宙な毎日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
あけました。
ご無沙汰しています。
2009年、とっくに明けちゃいましたね。


2009年は、なんだか慌しいはじまり方をしてしまいました。
2008年の年末、高校のクラス会があってはしゃぎすぎた上、お正月旅行は伯父・伯母・祖母のみで、久しぶりに地元でお正月を迎えられるということもあり、浮き足立っていたねぇちゃん…。
元旦、胃腸炎で救急診療に…。
(しかも担当の医師が最悪で…。
 っつーか、患者に対して「あんた、もう死んでんじゃない?」とか言ってんじゃねぇよ。
もちろん、正月三が日は寝込んでました。
せっかくアピタで注文したおせちも田作りをちまちま食べておしまい。
osechi
こんなに美味しそうなのに…。

お正月は大雪になる予定だったし、宇宙と田んぼでわしゃわしゃ遊ぶ予定だったのに…!!
しかも、元旦にMOMOちゃん一家が鶴ヶ城に…!!!
気付いたときには後の祭りです…。会いたかったです~。



さてさて、そんな状況だったので初詣はちょっと遅くなってしまいました。
今年は丑年、しかもねぇちゃんが年女ということもあり、柳津の福満虚空蔵尊 圓蔵寺へ。
本当は11日に行く予定だったのですが、行ったのが夕方で閉門してました…。
結局、14日に行くことに。
残念ながら、ワンコは入れないので、駐車場でちょっと遊んできました。
yuki1
yuki2
路面はつるっつるで、宇宙は思いっきり転びました。大の字で。

enzouji
本殿。平日で、お祭りも終わったからなのか、ガラガラでした。
混んでいるときにしか行ったことがなかったので、なんだか新鮮。

nadeusi
nadeusi2
撫で牛。
自分自身の悪いところを撫でると治るんだそうです。
上が古い撫で牛(石)、下が新しい撫で牛(金属)。
石造りの撫で牛の恰好がなんだか宇宙の寝姿に似てる…。
尻尾の付け根、撫でてきました。宇宙の尻尾が治りますように!!!




相変わらず、メールの返信もブログの更新も遅いですが、今年もよろしくお願いします。

テーマ:シベリアンハスキー - ジャンル:ペット

【2009/01/20 00:53】 | 宇宙な毎日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。